Quang Trungソフトウェアパーク - ベトナムのハイテク技術を世界にもたらす。

23/01/2018

ベトナム最初ハイテクモデル

Quang Trung Software City(「QTSC」)は、2001年の設立されて以来、ベトナム最大のソフトウェアパークとなっています。また、情報通信省の情報技術専門ゾーン認証を取得した最初のソフトウェアパークです。 43ヘクタールの面積で11の小区画に分かれており、88.2%の占有率に達しました。ホーチミン市に位置されるQTSCは、重要な南部経済地域へのアクセスが便利です

QTSCでは、FDI企業は日本、ドイツ、米国などの先進国ほぼ半分を占めています。2020年までに、アジアのトップ10集中ITパークを目指すとともに、質の高い人材供給とスマートシティアモデルを集中しています。

確認されたリーディングポジション

ベトナムでも最大のソフトウェアパークですけれども、アセアンとアジアの他のソフトウェアパークと比較するとQTSCの位置はどうしましょうか、QTSCのリーダー気掛かです。したがって、2017年5月にQTSCがアセアンのソフトウェアパーク(Dailian Software Park(中国)、Technopark(インド)、Cyber​​jaya(中国))と比較して高い評価を受けられた。

QTSCはアジアの8つのソフトウェアパークのうち第3位にランクされています。また、FDIの魅力、FDI企業の規模、QTSCの中の企業数、IT部門の集中率、人材の質などの点でQTSCは第4位にしました。全体として、QTSCは様々な産業、投資家を惹きつ、そしてQTSCに位置されている企業の持続可能な開発がますます強くなっています。

出典:、2017年5月 – KPMGのレポート

 

将来に向けて効率を高め

QTSCの位置を定位する作業の他は、QTSCに活動している選択された企業のリーダーとのインタビューを行い、QTSCの運営に関するコメントを聞くとともに、その開発戦略を理解しています。これらのインタビューでは、ほとんどの企業がQTSCの電気通信インフラ、付加価値サービス、施設に満足していましたが。改善すべき分野は、トレードプロモーション活動やオンサイト支援サービスなどです。

QTSCの長期戦略について質問されたとき、すべての企業は、ソフトウェアアウトソーシングにおける競争優位性に引き続き注力し、さらにハイテク農業、人工知能(AI)、スマートシティモデルなどを開発するのは必要です

KPMGの勧告に従って、QTSCのリーダーは、官民パートナーシップ(PPP)のモデルを通じて、ベトナム内外の民間投資家からの投資を求める予定である。グリーンソフトウェアパークになる目標で、QTSCは多くの木々や風景とな働く環境を作成し、ベトナム標準的な廃水処理システムがある。現在、QTSCはレンタルオフィス、テレコムサービス、銀行、レストラン、イベントコンサルティングなどの様々サービスを提供している。

将来に、ホーチミン市の政府当局と情報通信部の効率的なサポートおかげで、QTSCはベトナム最大のソフトウェアパーク、そして革新とグローバル的な協力のためのコミュニティ文化であり続けます。

Latest news

  • VNITO アライアンスがVNITO Japanを設立
    09/05/2018

    2018年3月、VNITO アライアンスはVNITO企業の主要マーケットの1つである日本におけるアライアンスの活動を強化することを使命として、VNITO Japanを設立しました。

  • 2018年4月のCEO会議
    08/05/2018

    2018年4月19日、Quang Trung Software City(QTSC)がAnnaビルのTravel2Pay 会社で定期的なCEOの会議を開催しました。

  • ベトナム業界団体 藤沢に事務局開設
    24/04/2018

    ベトナム国内のソフトウェア開発企業など約200社が参加する業界団体「VNITO Alliance」が、日本国内で初となる事務局を藤沢商工会館ミナパーク内の湘南藤沢インキュベーションセンターに開設した。

  • データセンター・インフラ・サービス
    10/04/2018

    QTSCテレコムセンターは、QTSCの通信ネットワークインフラとデータセンターを担当しています。

  • シンガポールのICT企業がQTSCを訪問
    30/03/2018

    2018年3月26日、QTSCがシンガポール総領事館とIT企業を歓迎し、QTSCで実施しているスマートシティモデルについて紹介しました。