QTSCについて

2001年3月16日に設立されたQuang Trung Software City(QTSC)は、ベトナムIT産業の発展を促進し、ホーチミン市の経済構造を変革するために建設された重要なプロジェクトの1つです


16年間の開発の後。現在、QTSCの中に150ICT企業(49の国際企業と91の国内企業)と33の投資家が集まり。例えばKDDISPSTMA SolutionsGlobal Cyber​​SoftVinaDataMISA等がございます。20カ国以上に輸出されているさまざまな分野で250以上のIT製品、サービス、ソリューションを提供しています。主に米国、日本、および欧州である20、155人ぐらい労働や学習し、今後ますますアジアの 投資家の有益なデスティネーションとなっている。

これまで、QTSCはベトナムの情報通信省(MIC)から集中ITパーク認定を受けたベトナム最初のソフトウェアパークでした。 201633日、QTSCブランドを継承し促進するために、首相が署名した333/QĐ-TTg。最初のメンバーはQTSC と国家大学(VNU-ITP)です。20171017日、情報通信部(MIC)がQTSCチェーンの組織体制と運営規則に関する1766 /QĐ-BTTTを発行しました。それに基づいて、チェーンのメンバーがQTSCのブランドを継承し促進し、そして国内外の投資家を惹きつける目標です。最も期待されているのは、ベトナムのソフトウェア産業が他地域の国々と競争し、世界の大企業や企業にとって最も魅力的な国になることです。

QTSCは、2016年の初めから、ベトナムで最初のスマートなシテイモデル向けて、現代の技術を経営に適用するイニシアチブをとっています。したがって、QTSCは、すべての技術インフラをデジタル化するために地理情報システム(GIS)を開発しました。また、セキュリティのために入り口にカーディテクタシステムと顔検索システムを設置されました。ヘルプデスクのソフトウェアとSMSシステムを実行して、すべてのメンバーに緊急事態またはイベントをすばやく通知できます。すべては、管理の質を向上させ、QTSCのコミュニティの満足度を高め、QTSCのブランドネームを開発することです

2017年6月、QTSCがQTSC中のIT企業と協力し、優秀な農業センターを実施しました。これは、農業における新技術の研究と適用に専念するエリアであり、その結果でベトナムIT企業が新しい農業アプリケーションを開発する機会が増えています

2017年5月にKPMGコンサルティンググルーの報告によると、占有率、支援サービスの質、現場インフラなどの指標を用いた運用実績の評価に基づいて、QTSCはアジアの8つのソフトウェアパークのうち第3位にランクされています。また、FDIの魅力、FDI企業の規模、QTSCの中の企業数、IT部門の集中率、人材の質などの点でQTSCは第4位にしました。全体として、QTSCは様々な産業、投資家を惹きつ、そしてQTSCに位置されている企業の持続可能な開発がますます強くなっています。

実際の状況を踏まえ、世界のIT産業の成長とベトナムの社会経済開発動向に関する予測では、2016〜2020年のQTSC開発目標は、以下のようなハイライトに焦点を当てています

1. ベトナムで最初のスマートシテモデルとなり、すべての管理運営活動にIoTを適用す

2. 世界的な企業が2 ~ 3と1000人以上がいる企業が6~8を惹きつけます。

3. R&Dセンター、革新的なITアイデア、ソリューション、モデルを提供するところとなって社会に応用しています。科学者、大学、研究所を誘致してITプラットフォームの研究能力を強化する。

4. QTSCチェーンを展開し。QTSCチェーンのメンバーがQTSCの経験、管理方法等を勉強できます。

5. ベトナムのソフトウェア業界にとって信頼できるところであることを誇りに思います。アウトソーシング、ソフトウェア開発、デジタルコンテンツ分野におけるアジアのトップ10のソフトウェアパークの1つとなる目標です。