ホーチミン市を選択する理由

 ベトナム最大の経済中心であるホーチミン市は、経済成長にとって重要な原動力となっています。ホーチミン市は3分の1のGDP、3分の1の産業生産額、30%のベトナムの総予算収入に貢献し、大量の外国直接投資(FDI)を惹きつける。

  1. ホーチミン市には900万人以上の人口があり、毎年約600万人の国際観光客が集まります
  2. ホーチミン市の空港、港湾、ITパーク、ハイテクパークのシステムは、ベトナムで最大で最も忙しい。
  3. ホーチミン市は、50以上の国際銀行支店と62以上の国の3,000の代表事務所の国際玄関口です
  4. 70万人の学生を抱える110以上の大学やカレッジがあり、その中に31以上の大学と18以上の短大がICTをトレーニングしています。
  5. ホーチミン市には、ベトナムの大規模なIT企業が数多く存在しています。 インテル、HP、IBM、ルネサス、富士通、NECなどの大手多国籍企業を含む1,930社のIT企業があります
  6. ベトナムのハイテクパークや研究センターのほとんどは、 ホーチミン市に位置されています。例えば、Quang Trung Software City(QTSC)、国家大学(VNU-ITP)、 サイゴンハイテク(SHP); ホーチミン市の農業ハイテクパーク(AHTP)、 ホーチミン市のバイオテクノロジーセンターなどがあります。
  7. ホーチミン市は世界の有名な組織によって高い評価を受けています。

- 2016年Tholonsによると、ホーチミン市はトップ20のソフトウェアアウトソーシングのシティで第18位でした。

- 2017年Jones LangLaSalleによると、ホーチミン市は、世界トップ10の最もダイナミックなシテで第2位でした。